Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回創価杯のお知らせ

毎年恒例の創価杯を今年も開催する運びとなりました。
以下が詳細となります。
募集チーム数は、最大14チーム程度です。(先着順)
皆様のご応募をお待ちしております。

<名称>第15回創価杯 ディベート大会

<目的>日本語ディベートの普及および日本語ディベート界の発展


<主催>創価大学Debate Network 第15回創価杯 実行委員会

<開催日時>2014年12月7日(日) 

      (時間帯)
 受付        9:00 - 9:10
 開会式      9:10 - 9:20
 第1試合      9:30 - 11:00((90分)
 第2試合      11:10 - 12:40 (90分)
 昼食        12:40 - 13: 30
 第3試合      13:40- 15:10(90分)
 予選結果発表    15:20 - 15:30
 決勝        15:40 - 16:50 (70分)
 休憩        17:00- 17:15
 講評        17:15- 17:25
 閉会式       17:30- 17:45

<集合場所・受付>創価大学 文系A棟 A405教室(予定)

<出場資格>社会人や院生、大学生、高校生など、どなたでもご参加できます。
<募集チーム数>最大14チーム程度(先着順)
※また14チーム程度に達した時点で、受け付けを終了する場合がございますのでご了承ください。その際は当ブログにてお知らせいたします。
※原則先着順ではありますが、同一団体より著しく多数のチームが参加申し込みされた場合、チーム数の調整をお願いする場合があります。また、別団体名義(もしくは無所属名義)の参加申し込みであっても、同一団体の可能性があると当実行委員会にて判断した場合、確認させていただく場合があります。



<論題>「日本は積極的安楽死を合法化すべきである」

<ルール>
原則としてJDAのルールに準じます。
立論2回、反駁2回。
試合のフォーマットは立論6分、質疑3分、反駁4分。
準備時間は8分のフレキシブル制。
同じ選手による立論、反駁の兼任は禁止とします。また、質疑だけの出場はできません。
チーム構成員は、2名以上、4名以下とします。但し、必ず全ての選手が大会中に試合に
出場することとします。
予選3試合を行い上位2チームで決勝戦を行ないます。
(勝ち数を優先し、勝ち数が同じであった場合、得点で判断します)
<大会出場費>
参加費は1チームにつき2000円です。
参加費のお支払いは当日、受付でお願い致します。

<大会参加申し込み>
下記のフォーマットにしたがって、sokahai2014@gmail.comまで
申し込みをしてください。足りない場合はコピーしてご使用ください。
申し込み受け付けは本日より行います。
申し込み締め切りは、11月27日(木)迄です。
申し込みに対して、メールを2日以内に代表者連絡先へ送信致します。そのメールをもってエントリーとします。申し込み後、2日以上たっても連絡がない場合は、ご連絡ください。
その他、質問等お聞きになりたい点などございましたらsokahai2014@gmail.comまで
メールをお送りください。






****************************************
第15回 創価杯 参加希望

団体名:
申し込みチーム数:

代表者氏名:
代表者連絡先:TEL
       E-Mail

チーム名:

選手氏名1:
ご連絡先:

選手氏名2:
ご連絡先:

選手氏名3:
ご連絡先:

選手氏名4:
ご連絡先:


新執行のご報告

各位                   平成26年3月2日
                       Debate Network


新執行発足のお知らせ


拝啓
 新春の候、皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 この度、DebateNetworkでは平成25年12月22日に執行交代式が行われ、新体制が整いましたので、ここにご報告申し上げます。
 私たちは、弁論を通して、社会に有為な人材へと成長するべく、日々尽力して参る所存です。今後とも、皆様のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 末筆ながら皆さまのご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
敬具




部長
加藤 賢一  (法学部法律学科 42期)
副部長
加地 伸一  (工学部生命情報工学科 42期)
川西 愛美  (文学部人間学科 42期)
安田 哲也  (工学部環境共生工学科 42期)
会計
四之宮 英之 (経営学部経営学科 42期)
以上



                           連絡先
部長 加藤賢一
einsatz0120@gmail.com

創価杯結果

大変遅くなりましたが、先日、12月8日に行われました第14回創価杯の結果を発表します。


優勝「瀧本ゼミ政策パートA」
準優勝「FT」

となりました。おめでとうございます!

また、ベストディベーター賞は「FT」の松田拓さんです!
大変におめでとうございます。

今回の大会は、次期、趣旨を変更したものの、多くの方のご理解をいただき、大成功の大会とすることができました。参加していただいたチームの皆さん、お忙しい中引き受けていただいた審判のみなさん、日曜にもかかわらず手伝ってくれたスタッフのみなさん、ありがとうございました。

また、さまざまな場所で不手際があったこと、お詫び申し上げます。反省し、より良い運営運営を目指してまいりますので、今後とも創価杯、創価大学DebateNetworkをよろしくお願いします。

第14回創価杯のお知らせ

※なお、変更の可能性があります。その際は変更箇所を明記した上でこの場で訂正します。

毎年恒例の創価杯を今年も開催するはこびとなりました。
以下が詳細となります。
先着12チーム限定です。
皆様のご応募をお待ちしております。


<名称>第14回創価杯 ディベート大会

<目的>日本語ディベートの普及および日本語ディベート界の発展
    同一論題を長期に行うことによる多彩な議論の展開
    慣れた論題による新人の育成


<主催>創価大学Debate Network 第14回創価杯 実行委員会

<開催日時>2013年12月8日(日) 

      (時間帯)
 受付        9:00 - 9:10
 開会式      9:10 - 9:20
 第1試合      9:30 - 11:00((90分)
 第2試合      11:10 - 12:40 (90分)
 昼食        12:40 - 13: 30
 第3試合      13:40- 15:10(90分)
 予選結果発表    15:20 - 15:30
 決勝        15:40 - 16:50 (70分)
 休憩        17:00- 17:15
 講評        17:15- 17:25
 閉会式       17:30- 17:45

<集合場所・受付>創価大学 中央教育棟4階 AE555教室(予定)

<出場資格>社会人や院生、大学生、高校生など基本的にどなたでも御参加できます。
但し、チーム員のうち半数は、以下どちらかの条件の人を入れるとする。
①、2012年4月1日以降に大学に入学した。あるいは高校生以下。
②、2012年4月1日以降に初めて、JDA・CoDA主催の大会に出場した。

<募集チーム数>最大12チーム程度(先着順)

<論題>日本は企業の正社員の解雇に関する規制を大幅に緩和すべきである。

<ルール>
JDAのルールに準じます。
立論2回、反駁2回。
試合のフォーマットは立論6分、質疑3分、反駁4分。
準備時間は8分のフレキシブル制。
同じ選手による立論の兼任、及び反駁の兼任は禁止とします。また、質疑だけの出場はできません。
チーム構成員は、2名以上、4名以下とします。但し、必ず全ての選手が大会中に試合に
出場することとします。
予選3試合を行い上位2チームで決勝戦を行ないます。

<大会出場費>
参加費は1チームにつき1500円です。
参加費のお支払いは当日、受付でお願い致します。

<大会参加申し込み>
下記のフォーマットにしたがって、dnet.taikai2@gmail.comまで
申し込みをしてください。足りない場合はコピーしてご使用ください。

申し込み締め切りは、11月30日(土)迄です。

申し込みに対して、メールを2日以内に送信致します。そのメールをもってエントリーと
します。
申し込み後、2日以上たっても連絡がない場合は、ご連絡ください。

その他、質問等お聞きになりたい点などございましたらdnet.taikai2@gmail.comまで
メールをお送りください。

****************************************
第14回 創価杯 参加希望

団体名:
申し込みチーム数:

代表者氏名:
代表者連絡先:TEL
       E-Mail

チーム名:

選手氏名1:
ご連絡先:

選手氏名2:
ご連絡先:

選手氏名3:
ご連絡先:

選手氏名4:
ご連絡先:

[新歓期間]29日~5月1日の予定 ~今週はディベートが実際に見れる!~


43期の皆さんこんにちは!
今週の新歓部会の内容です!

4月29日 (月)C508 18:30~
5月1日 (水)B204 17:00~

4月29日は、モデルディベートをやります!実際に先輩たちのディベートが見れます!
5月1日は、新入生も参加ができる簡単なディベートをみんなでやっていきたいと思います!絶対楽しいのでぜひきてみてください!

Appendix

プロフィール

debatenetwork

Author:debatenetwork
 Debate Network(通称D-Net)は、創価大学学友会学術局に所属するクラブ活動です。日本語ディベートの大会に参加することが主な活動です。また、ディベートの普及活動を行っています。

ディベートって何?という方はコチラ

お問い合わせはコチラから

アクセス数

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。